JP7 端子対応 USB-シリアルモジュール


ORANGE pico type S・type E・type A・モニター版 対応


USB-シリアルモジュール との相似点を中心に記載しています。

 

 

直接 JP7 端子で接続して使用できる USB-シリアルモジュールです。

 

ORANGE pico へ直接モジュールを接続した段階で電源が入ります。

この場合、電源の USB 端子は接続しないで下さい。
(USB 端子も接続すると最悪故障の原因になります)

 

モジュールからではなく USB 端子から電源接続を行うために

ジャンパワイヤを付けています。

  • 1 GNDーGND
  • 4 RXDーRXI
  • 5 TXDーTXD

ピン配置シールはモジュール表記に合わせているので、クロスしないで接続して下さい。
3 5VーVCC 用も付けて 4 本構成にしています。

 

 

JP7 端子へ付けるピンソケットを付属しています。

ジャンパワイヤ接続の考慮で、ピン配置ラベルも付けています。

 

Windows Vista〜10、macOS 10.5〜10.11、Linux では Ubuntu・Red Hat でも動作確認し、

問題なく利用できるチップ CP2102 を採用したモジュールにしています。

他のモジュールでは OS によって認識しないとか面倒な事になったりするのです。

 

ドライバーのダウンロード (Windows / macOS / Linux)

 

次のセットでお届けします。

  • CP2102 チップ搭載 USB-シリアルモジュール (JP7 ピンにあったモジュール)
  • ジャンパワイヤ 4本 (+5V によるオン・オフ、+5V を接続したくない時に)
  • JP7 ピンソケット
  • JP7 ピン配置ラベル
  • 簡単な日本語解説書 (ショップのふうせん オリジナル)

Q&A

通常の USB-シリアルモジュール より価格が高いのはなぜですか?

JP7 ピン配置に対応しているモジュールが他のモジュールより原価が高く、

その分を価格に反映しています。

 

JP7 端子部分をピンヘッダに変更する事はできますか?

モジュールの端子がピンになっているため、

モジュールを直接挿す前提で JP7 端子はピンソケット固定にしています。

変更したい場合は注文時のご要望欄や別途お問い合わせでご連絡下さい。

 

モジュールを接続したところ、電源オンになってしまい、スイッチが効きません。

ORANGE pico の回路構造的にスイッチを経由していないため
モジュールを直接 JP7 に接続した場合はスイッチに関係なく電源オンになります。
これが困る場合はジャンパワイヤで接続し、+5V の抜き差しを行うか、
+5V を外した代わりに USB から電源供給して、スイッチを使用できるようにします。


JP7 端子対応 USB-シリアルモジュール

1500円 (税込) 別途 送料 200 円

在庫あり・現在在庫多数あります

ご注文・お支払確認後 通常 0〜1 日で発送

数量:


関連情報